REVIEW お客様の声

【大腿後面痛・腰下肢痛】-歩行時間5分→1時間以上に!-

2017.10.03

腰下肢痛(大腿後面痛)で来院された患者さん。鍼灸院ルーシダス

 

【まとめ】

神奈川県在住の70歳代男性の方です。

痛み止め(リリカ)を服用しても
・両側の大腿部後面が痛く、
・家の中でも歩くのが大変で、
・趣味のゴルフは勿論できず、
・5分もまともに歩くことが出来ず、
・足を引きずって来院された

そのような方です。

 

治療を重ねて、現在は

・痛みはほぼ落ち着き、
・1時間以上問題なく歩くことが出来るようになり、
・趣味のゴルフも行え、
・自分で行うセルフメンテナンスである程度対処方法がわかるようになり、
・同様の痛みが出ても自分で対応できる。

そんな状態になりました。

 

 

 

会話を下に記載します。

‐は私の言葉

A.は患者さんの言葉です。

 

 

‐何点かその後の状態や経過を伺っていきますね。

一番最初来られた時の症状を教えていただいてもよろしいでしょうか?

A.太ももの裏が急に引きつったようになり、朝起きるのが急につらかったです。

歩くのもつらかったです。

 

‐私が記憶している限りでは、階段・坂の昇り降りが大変だったように思いますが。

A.はい。特に朝起きたとき、2階の寝室から(1階へ)降りるのも大変だった。

 

ご自宅中でも(歩くのが)大変だった。

A.はい。そうです。

 

‐その症状の時、当院に来る前にどこか医療機関などで治療を受けていましたか?

A.先生の時に来る前に太もものところに違和感があったので、病院整形外科に行って、MRI撮ってみたが大きな問題はなかった。

ただ(背骨の)脊柱管の間が狭くなっていて、様子見となっていました。

痛いときに痛み止め(リリカ)を飲んでいました。

でも効かなくて、急に5月に朝起きたら凄く痛かったので、ネットを見て電話してみました。その日ちょうど空いていたので。

 

‐一番最初は、違和感があったが、MRIでは狭くなっていたが大きな問題はなく、急に痛くなったということだったのですね。

当初は(来院された時は)、歩く時も引きずるように痛かった。というシビアな状態だったので、最初は週に2回から始まり、週に1回、今現在は2週に1回となっている状態ですよね?

A.はい。そうですね。

 

‐ちなみに鍼治療は初めてでしたか?

A.はい。初めてです。

 

‐鍼してみてどうでした?

A.整形外科によると加齢によるもので、自信が無いとのことだったので、整体や鍼で試してみようと思った。ここのところが目に入ったので、電話してみました。

 

‐鍼治療に恐怖感は?

A.これだけの人がやっていたというのでなかった(笑)

あまりそんなことは無かったです。

 

‐不快感などはありましたか?

A.ありませんでした。

 

‐今現在の状態はどうですか?どんな状態?

A.今は歩くのはスムーズに歩けます。1時間は普通に問題なく歩けます。疲労はしますよ。足が痛いということは無いです。当初は固まっていて、ストレッチして、という感じ。

この2週間ほど朝起きたときの苦痛はなく軽くストレッチして家の階段も降りれる。歩くのも問題ないです。少し張り感があるぐらい。

ストレッチ・筋肉トレーニングしたり、治療していけば良いと思っている。

 

‐今ストレッチしたり、セルフメンテナンスしたりして、うまくいっている状態ですね。

A.あとは先生のおかげで、体重を5kgほど、79キロから74キロになったのが大きいのかもしれませんね。

 

‐そうですね。当院でも運動など色々お伝えして、しっかり頑張っていただいたので、それも効果があったのかもしれませんね。

 

最後に一言。考えていること・感じたことでも結構なので、最後に一言お願いします。

A.色んな先生の話を聞くと、色々な症状の方が来院されるという事なので、全てに聞くかどうかはわかりませんが、新しい試みで、(鍼灸治療を)されているのも良いと思いますし、先生の話を聞くと西洋医学、千葉大学(附属病院)に毎週1回行かれているということもありますので、それの融合(東洋医学と西洋医学の)、新しい視点で非常に良いと思いますね。

私の場合、脊柱管狭窄症とか椎間板ヘルニアということでもないような感じで、どうしたもんかなと思いましたが、何とかね、ここまで来れましたので、何か困れば来られるのが良いんじゃないかなと思いますがいかがでしょうか?

 

‐貴重なお時間を頂きましてありがとうございました。

A.ありがとうございました。

 

追記:

録画終了後におっしゃられたことで、「ここの良いところは、西洋・東洋両方の視点から施術してもらえる。西洋医学と東洋医学の融合がここの素晴らしいところ。病院では湿布のみ渡されるだけだけど、ここでは具体的にアドバイスしてもらえる。また実際、趣味のゴルフが全然出来なかったのが、現在18ホール回れるまで良くなっている。」これを付け加えてほしいと仰られました。

動画を撮ってるときは緊張してしまって、言い残してしまったみたいです。

でも、動画撮ってるときに喋って欲しかった!(;^_^A

でもこういうことはよくありますので、追記させていただきました。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

===============================================================

目黒区 都立大学駅 徒歩2分 東洋医学の鍼灸治療院

鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

※完全予約制

院長  山内 清敬

・はり師・きゅう師(国家資格)

・臨床鍼灸学 修士号

・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床鍼灸師

お問い合わせは、こちら

==============================================================

※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。