blog ブログ

【朗報】脊柱管狭窄症の保存療法は鍼治療!

2017.02.08

2月5日(日)に東大の鍼灸師の先生による講義がありました。

 

「脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療について」

論文などを紹介した座学と実技で、みっちりした半日でした。

 

正直、脊柱管狭窄症?何をいまさらと思ってましたが、色々アップデートしてました。

医療は一生勉強ですね。

 

その中で、強烈に印象的であったのが、

脊柱管狭窄症患者に対しての研究です。

薬と運動療法と鍼治療

どれが一番効果あるの?という実験をしたそうです。(医師主導の下)

 

期間:4週間

薬 (毎日)vs 運動療法(理学療法士指導:毎日?) vs 鍼治療(5回の治療のみ)

 

を科研費(公的な機関で、公的な費用で)で行ったそうです。

 

その結果、

 

〇改善度

〇身体機能

〇患者満足度

 

全ての項目において、鍼治療が断トツにいい結果だったようです。(有意差をもって)

現在それを英語論文にして、海外の論文雑誌に投稿しているそうです。

おそらく通過すると思いますが、その結果がわかり次第載せたいと思います。

 

それを受けてか、次の「脊柱管狭窄症のガイドライン」改訂時に、保存療法の項目に「鍼灸治療」が記載されることになったそうです!!

 

今までは効くけど、他の治療法との差を比較した論文が出ていなかったため、眉唾に見ている医師もいた。

でも、(医師主導の研究で)薬より良い効果を出してしまった以上、認めるしかない。

これからは、当たり前のように「脊柱管狭窄症には鍼治療!」と誰もが言える日がすぐそこまで来ています。

 

その実技も後半にあり、勉強になりっぱなしでした。

 

===============================================================

目黒区 都立大学駅 徒歩2分

鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

※完全予約制

院長  山内 清敬

・はり師・きゅう師(国家資格)

・臨床鍼灸学 修士号

・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

・元米国豪華客船 乗船鍼灸師

・千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床研修生

お問い合わせは、こちら

==============================================================

※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。