blog ブログ

目黒シティラン(2018.11.25)

2018.11.26

20181125第3回目黒シティラン

【 目黒シティランのケアスタッフとして参加しました 】

 

第三回 目黒シティラン(2018.11.25)に参加してきました。

参加した方々へのケア(目黒区鍼灸師会主催)活動です。

 

 

目黒シティランはこちら

 

 

 

開業当初より興味のある活動でしたので、参加できたことや実際にランナーに行ないビックリ・喜んでいただけたようで、非常にやりがいのある活動でした。

 

 

ちなみにこのシティラン、中目黒駅の目黒区総合庁舎を起点に、駒沢通り、目黒通り、自由通り、山手通りなどの主要幹線道路を止めての大都会でのシティランです。

 

 

凄いランナーだけが参加できるものではなく、小中学生や親子といった初心者でも参加できる、贅沢かつアットホームな大会です。

 

 

 

 

では我々、鍼灸師がどのようなことを行うったのかというと、

 

ラン前には「バランスはり®」(商標登録しているようです。)を行い、

1つか2つのツボでランナーの体軸(バランス)を整え、

 

ラン後は、ランナーの様々な痛みに対してケアを行いました。

 

 

 

バランスはり®、私も実際に受けるまでどのようなものか分からなかったのですが、

 

実際に事前説明会や研究会などで練習をすると、

 

1カ所か2か所、円皮鍼(パイオネックス®)を貼るだけで、軸(バランス)が取りやすくなります。

 

そんなバカな。と最初は思っていましたが、結構実感できるぐらい変わり驚きました。

 

 

 

それをラン前の30分ほどで150名前後に行ないました。(本当に人手が足りないほどの大盛況)

 

 

 

ラン後は走った後のランナーのケアです。

 

ラン後は太ももの痛みや膝痛が多かったように感じました。(全体の集計はまだ出てません)

 

鍼灸の凄い点は「膝痛」なのに「膝にしない」、にもかかわらず効果が実感できる事。

(膝にしても勿論効果あります。ただもっと効果を実感できるところも沢山あります)

 

 

 

鍼初めて!という方がほとんどでしたが、皆さんビックリ・効果を感じていました。

 

 

 

あとは、

・「はり」って痛いイメージがあったけど、全然痛くない。

・はりって凄いんですね!

という、よくある意見もいただきました。

 

まだまだ世間の方々には知られていないんだと実感もしました。

 

そんな中で、沢山の方々に喜んでいただけて、やりがいがありました。

 

 

 

我々の仕事は地域の方々の理解あってのもの。

 

今後も地域の方々に愛されるよう、こういう草の根的に鍼灸を広める啓蒙活動を続けていこうと思います。

 

 

20181125第3回目黒シティラン

2018.11.25. 第3回 目黒シティラン

 

 

p.s.

巨人軍の原辰徳監督も参加されていて、実際に拝見できたこともイチ野球ファンとして参加して良かったです!

原監督にあやかって「グーパンチ」をしていますが、どうみても猫パンチになっている(笑)

 

#目黒シティーラン #生の原辰徳監督にも会えました #バランスはり #目黒区鍼灸師会 #お疲れ様でした #はりきゅう #東京都鍼灸師会