blog ブログ

【高血圧・腰痛・肩こり】の方へ

2017.05.02

 

こんにちは!

東京都目黒区都立大学駅から徒歩2分にある

鍼灸院Lucidus[ルーシダス]の院長山内です。

 

こんな記事が出ていました。

 

毎月17日は「減塩の日」…日本高血圧学会

 

文字にすると・・・

日本高血圧学会が28日、毎月17日を「減塩の日」にすると発表したそうです。

 同学会などは2008年以降、世界高血圧デーの5月17日を「高血圧の日」と定め、啓発に取り組んできた。

高血圧の治療や予防に効果がある減塩を推進するため、新たに「減塩の日」を設け、調理法の紹介や減塩食品売り場の設置呼びかけなどを行う。

高血圧は脳卒中に繋がったり、心血管系へのダメージがあるため、そのリスク因子である塩の減量が大切です。

脳卒中などのリスクを高める高血圧の人は国内で推計約4300万人。1日の食塩摂取量(15年)は、男性11・0グラム、女性9・2グラム。

学会が推奨する6・0グラム未満を大幅に超えている。

 

 

ちなみに、ラーメン一杯で6gと言われています。

それだけで一日分の塩分を取っていることになるので、ラーメン食べる時は汁は全部飲み切らないことが大切です。

そういう私は飲んでしまうのですが、これからはもっと気を付けます・・・(;^_^A

 

 

血圧は “血管壁に与える血液の圧力” を示しています。

心臓から拍出される血液量(心拍出量)と末梢血管での血液の流れにくさ(末梢血管抵抗)によってほとんど決まります。

このほかには大動脈の弾力性や血液の粘性、血液の循環量なども関わっています。

平均血圧は心拍出量×末梢血管抵抗で算出することができます。

 

簡単な例では、水のホースの勢いを強めるには、蛇口を全開にする(心拍出量を増やす)か、ホースの管を圧迫する(末梢血管抵抗)ことです。

つまり、血圧を下げるには逆をすればいいことになります。

鍼灸には、軸索反射という(科学的に)血管拡張作用があります。

また、自律神経反射の作用もあるので、副交感神経が興奮する(リラックスする)ので、心拍出量が低下しやすくなります。(極端には下がりませんのでご安心ください。)

これらから、高血圧にもある程度の作用があります。

もちろん、難治性の高血圧は投薬が必要となります。

ですが、投薬と鍼灸を併用することで、より効果があります。

 

もし高血圧があり、腰痛・肩こりなど痛みでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

お問い合わせは、こちらから遠慮なくご連絡ください。

===============================================================

目黒区 都立大学駅 徒歩2分 東洋医学・西洋医学両面からの鍼灸治療院

鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

※完全予約制

院長  山内 清敬

・はり師・きゅう師(国家資格)

・臨床鍼灸学 修士号

・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床鍼灸師

お問い合わせは、こちら

==============================================================

※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。