blog ブログ

豪華客船・クルーズ船

2017.01.23

 

 

こんにちは。

 

目黒区都立大学駅から徒歩2分にある

鍼灸院Lucidusの山内です

 

 

 

さて、今日は治療中、患者さんからよく尋ねられる、

【豪華客船の話】について

 

 

英語では豪華客船のことを「クルーズ船・cruise ship」と言います。

 

豪華客船で何してたの?って聞かれます。

 

はい。私そこで働いてました。

と言っても、船員として働いていたわけではなくて、鍼灸師として!

 

アメリカから乗っていたので、基本船の中では英語です。

日本人は私一人以外誰もいません。鍼灸師も私一人だけです。

 

 

鍼灸は英語では acupuncuture と言います。

鍼灸師は acupuncturist と言って、セラピストになります。

 

 

最近は、BSの番組でクルーズ船の旅・豪華客船の旅といった番組をしているので、ご存知かもしれませんが、

私のいた船はお客さん(Guest)と従業員(Crew)合わせて大体4000人を超える船です。

 

 

非常にデカい!!です!

 

自動車の大きさと比べてみてください

 

アメリカ人は日本人より横幅も背も大きいですが、これをみるとアメリカ人が小さく感じます

 

 

動くホテル(Moving Hotel)とも言われます。

 

 

働いていた船を簡単にご紹介します。

今回は第一弾です!

 

 

<基本>

出発地点の港1を出港→港2→港3→港4→港5・・・と色々な港に行きます。

翌日に次の港に着くこともあれば、遠い場所だと翌々日に着くこともあります。

そういう時は翌日は丸一日船の中(Sea dayと言います)ということになります。

もちろん、Sea dayが何日間も続くこともクルーズの内容によってあります。

 

「えー、丸一日船の中とか耐えられそうにない・・・」

もしかしたら、そういう想像をするかもしれませんが、全く問題ありません。

 

 

バハマ(Bahama)のナサウ(Nassau)です。 プールが船の中にあります。写真にはありませんが、後方にはウォータースライダーがあります。

 

 

 

船の中には様々な施設があります。

食事の施設は勿論のこと、お土産屋さんは、腕時計やダイヤモンドからクッキーやキャンディーを売ってる店まで。服や帽子も売ってます。

お酒を飲む施設は、スポーツバー、ピアノバー(ピアノの演奏を聴きながらお酒を飲む場所)、アルケミックバーというBar(バー)に関しては様々なものがあります。

その他にも、パーティーをしたり、カラオケ(Karaoke)をしたり、ダンスやカジノで楽しんだり、プロのダンサーや歌手のショーを見たり、

Spaでは、マッサージ受けたり、ジムで身体動かしたり、ホント何でもある施設です。

サウナもあります。

 

ちなみに、私は仕事が休みの時はサウナで身体を休めてました(笑)

 

そう、従業員もずっと船の中なので、船の中の施設を使うことが出来ます。

ただし、いつでも何でもできるわけではありません。それがお客さんと従業員の違いでしょうか。

 

私です。決してサボってるわけではありません(笑)

 

 

鍼灸師は、スパ(SPA)の中に所属していて、お客さんや従業員も私の施術を受けに来る人がいました。

薬を多用している人が多いので、薬じゃないもので痛みを抑えたいというのが欧米では盛んなようです。

 

意外と沢山書いてしまいました(;^_^A

 

今回はこのぐらいにしておきます。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

また次回を楽しみにしていてください!\(^o^)

 

 

============================================================

目黒区 都立大学駅 徒歩2分 慢性腰痛専門

鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

※完全予約制

 

院長  山内 清敬

・はり師・きゅう師(国家資格)

・臨床鍼灸学 修士号

・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

・元米国豪華客船 乗船鍼灸師

・千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床研修生

 

お問い合わせは、こちら

==============================================================