blog ブログ

受領委任制度が始まりました(1月1日より)・1月4日のあさイチ(NHK)

2019.01.03

目黒区都立大学駅から徒歩2分にある鍼灸院Lucidusです。

 

 

平成31年(2019年)1月1日より制度が変わり、健康保険による鍼灸治療の窓口負担が3割負担となります。

※一部組合(保険者)によっては償還払いのケースもあります。

厚生労働省のHPはこちら

 

 

・今までと何が違うのか。

今まで健康保険による鍼灸治療であっても窓口負担が10割でした。

被保険者(患者さん)が保険者(市区町村・健康保険組合など)に申請して結果的に3割負担になるという形でした。

(その手続きが煩雑なので、鍼灸院が患者さんに代わり行っていたところもあります。)

 

それが制度化され、窓口負担が3割でいいですよ。と厚生労働省が定めたことになります。

 

 

・健康保険を導入しない鍼灸院も多いです。

様々な手続きがあり、煩雑な為、健康保険を導入しない鍼灸院が多いのは事実です。

しかしながら、患者さんにとっては健康保険を使用することは当然の権利であり、

経済的なメリットが多分にある為、多少煩雑だろうとその労を厭わず、当院では所定の手続きに従い導入しています。

 

 

ご希望の方は、遠慮なくご相談ください。

 

 

1月4日(金)

あさイチで鍼灸が取り上げられます。

テーマは「東洋医学で1年を元気に」

東洋医学、鍼灸に興味をもっていただける、そんな内容である事を願っています。

あさイチのHPはこちら