blog ブログ

鍼灸院ルーシダスのブログでは、定期的にお身体に関する情報を、
院長の知識や経験を織り交ぜながらご紹介します。

  • English available

    Welcome Lucidus acupuncture clinic !

     

    I’m national licensed acupuncturist.

    I have a master’s degree in acupuncture.

    I am treating mainly with Acupuncture and Moxibustion.

     

    Not only treatment such as shoulder stiffness, back pain ( low back pain ), knee pain,

    Even if you receive an examination at a hospital there is no abnormality, even indefinite complaints such as poor physical condition.

    I am going to treat you from the viewpoints of both western medicine and oriental medicine.

     

    I’m working at Medical hospital as a acupuncturist and lectures at a vocational school of acupuncture and moxibustion, too.

    And I used to work as acupuncturist with cruise ships in the U.S..

     

    In our acupuncture clinic, we are doing “acupuncture and moxibustion treatment with Japanese health insurance” in cooperation with medical institutions of nearby doctors as well as self-medication expense treatment.

     

    Initial treatment cost: 10,000 yen → 【 Discounted to 8,000 yen. Just now 】

     

    Regarding treatment, if there is something unclear point, please do not hesitate to contact us.

     

    Director Kiyotaka Yamauchi

    Lucidus Acupuncture Clinic

    東京都目黒区平町1‐22-10 – 103

    Closed day : Sun, Wed, Thu

    Open time:9:00AM – 9:00PM(Last reception 7:30PM)

    Reservation Phone Call: 080-4787-7921

  • 臨床研究 その1

    今回の記事は一般向けの記事ではないことを予め記載しておきます。

    〇臨床研究について

    また、PE(I)COやどのような研究か(RCT・nonRCT・コホート研究・横断研究・・・)といった内容は今記事にはありません。

    別記事で記載するかもしれませんし、しないかもしれません。

     

    これは私の備忘録でもあり、outputする場として記載しています。

    一応文献も載せておきますが、ご自身でも調べることを推奨します。

     

     

    〇臨床研究-

    <アウトカム>

    連続変数・離散変数(計数データ)

    カテゴリ変数(名義変数・順序変数・2値変数)

    生存時間(イベント発生率・差)

     

     

    記述統計>で用いる統計手法

    -①(連続変数)

    1.外れ値・欠測値の確認

    2.分布の可視化(ヒストグラム、箱ひげ図、幹葉表示など)

    で確認したのち、

    3.要約指標(平均・分散・標準偏差・中央値)を用いて記述

     

    -②(カテゴリ変数)

    1.外れ値・欠測値の確認

    2.分布の可視化(ヒストグラム(3カテゴリ以上なら))

    3.要約指標((テーブル・2×2表(分割表・クロス表))を用いて記述

     

    -③(生存時間・イベント発生)

    1.発生率差・発生率比(Kaplan-Meier曲線)

    ※発生割合(=リスク)・発生率

     

     

    単純な群比較・単変量解析

    -①(連続変数)の比較

    平均値の差を計算して示す( t 検定・Wilcoxon検定・ノンパラメトリック検定)

    1.パラメトリック検定:モデルに基づく方法

    ・t検定:データは基本正規分布に従うなど前提条件がある

    2.ノンパラメトリック検定:順位に基づく検定法 (※下記を包含)

    ・2群t検定に対応:Mann-Whitney検定

    ・対応のあるt検定:Wilcoxon符号付き順位和検定

     

    ※標準偏差と標準誤差

    〇標準偏差

    :母集団から取ってきたサンプル自体のばらつき

    〇標準誤差

    :母集団から同じ人数をサンプリングして、何回も研究を繰り返した時に得られる平均値のばらつき(平均値の標準偏差)

     

    ※検定と信頼区間

    〇検定:

    ・仮説が観察されたデータと矛盾しないかどうかを調べる。

    ・効果の大きさが不明

    〇信頼区間:

    ・効果の大きさがわかる

    ・その精度がわかる。

    ・95%信頼区間:何回も繰り返せば、推定された信頼区間のうち、95%は真の値を含むような区間を指す。
    (例:100回研究した場合、100個の信頼区間のうち95個の信頼区間は、真の値を含む。ということ)

     

    -②(カテゴリー変数)の比較:リスク比推定し、統計学的に計算し示す

    1.カイ二乗検定
    :サンプルサイズが多いとき(前提条件あり)

    2.Fisherの正確確率検定
    :2×2表で期待度数5未満のセル(カイ二乗検定より保守的なP値となる)

    3.McNemar検定(マクネマー検定)
    :ペアデータ(マッチングデータ)検定の場合(ケース・コントロール研究)

     

    -③(生存時間・イベント発生率)の比較:

    1.ノンパラメトリック検定

    ・Log-rank検定

    ・Wilcoxon検定

     

     

    回帰モデル・多変量解析

    ※「交絡」を調整

    ※Pearson(ピアソン)の相関係数・スピアマンの相関係数

    -①(連続変数)の場合

    -1.重回帰分析(線形回帰分析)

     

    -②(カテゴリー変数:2値変数の比、オッズ比)の場合

    -1.ロジスティック回帰分析

     

    -③(生存時間・イベント発生率)

    -1.Cox回帰分析によるハザード比

     

     

    【参考文献】

    ・臨床研究の道標 上・下 福原俊一

    ・Midcareer Academic learning Program  iHope international

  • 当院の鍼灸治療は健康保険を取り扱っています。

    お問い合わせが多いので、記載致します。

     

    〇健康保険を取り扱っています

    当院の鍼灸治療は「健康保険」を取り扱っています。

    当院HPのGuide(はじめての方へ)も合わせてご一読いただけますと幸いです。

    健康保険適用の手続きの仕方を抜粋しておきます。

     

     

    鍼灸保険適用の手続きの仕方

    1. 当院でお身体の状態を把握します
    2. 当院から出す書類を持って、病院に行きます
    3. 医師の診察を受ける
      (病院でも料金はかかります)
    4. 医師の先生に同意書を書いてもらう
    5. 次回ご来院時に、当院に記入済の同意書を持ってくる
      (その際、印鑑もお忘れないようお願いします)
    6. 当院で書類を書いて頂きます
      (毎月、月初にも書いて頂きます。印鑑必須)
    7. 同意書の有効期限が6ヵ月間ですので、6ヵ月おきに病院へ受診して頂きます
      ※保険者が委任払い不可の組合の場合は、ご自身で保険者に書類を送って請求をしていただいております。ご了承ください。

     

     

    〇ご対応できる患者さんに限りがございます。

    できる限り多くの患者さんのお役立ちになれればと思っています。

    また、それと同時に患者さん一人一人を丁寧に対応・治療したいとも考えています。

    既存の患者さんを最優先しておりますので、ご予約数に限りがあります事を予めご了承くださいませ。

     

     

    〇直近の予約可能日時

    直近では2月22日(金)に1枠、2月25日(月)・26日(火)がともに2枠空いております。

     

     

    〇休診日について

    当院の休診日は、日・水・木です。

    ・水曜:鍼灸の専門学校の講師

    ・木曜:大学病院での鍼灸外来、大学での講師

    のため、お休みさせていただいてます。

    ※祝日はできる限り対応しております。

     

    〇webからのご予約希望は24時間

    webからのご予約希望は24時間承っております。

    休診日は電話でのご対応ができませんので、予めご了承くださいませ。

     

    ご相談事がありましたら、遠慮なくお気軽にご相談ください。

  • 2月20日(水)NHK ガッテン ‐鍼灸特集‐

    2019.2.20.NHKガッテン_鍼灸院Lucidus

    2019年2月20日(水)午後7時30分~ NHKの「ガッテン」にて鍼灸の特集がされます。

     

    私の大学の恩師も出るようです。

    テーマ・題名が

    慢性痛・しびれが改善!逆子も治る!?東洋の神秘「はり治療」SP

     

    下にそのスクリーンショットを載せておきます。

    二週にわたり、NHKではり・きゅうの特集がされるのは嬉しいですね。

     

    少しずつ鍼灸の効能が科学的にわかってきたからこそ、日本だけでなく、世界中で着目されているのだと思います。(アメリカをはじめ世界中の豪華客船の中で鍼灸治療がされています。以前その中で働いていました。)

    西洋医学でさえ、人間の身体のことは全ては判明していませんので、鍼灸のことはまだまだ分かっていない部分は多いですが、一昔前よりも多くのことが判明したおかげで好意的になってきているかと感じます。

     

    「科学でわかってないからダメ」なのではなく、

    昔わからなかったことが少しずつ研究が進むにつれて、現代科学でわかってきている。と捉えるべきかと思います。

     

    2019.2.20.NHKガッテン_鍼灸院Lucidus

    2019.2.20.NHKガッテン_鍼灸院Lucidus

     

    おそらく最新の情報が盛り込まれているはずですので、

    興味がある方、NHKの「ガッテン」2月20日(水)19時30分~をご覧ください。

     

     

    鍼灸院Lucidus

    目黒区 都立大学駅 徒歩2分

    院長 山内

    予約:080 – 4787 – 7921(おかけ間違いの無いようにご注意ください)

    休診日:日・水・木

     

    千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 外来担当鍼灸師、非常勤講師

    新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校(新宿医療専門学校) 非常勤講師

     

    ※当院は予約制です。お気軽にご相談ください。

     

  • コロコロはり教室

    目黒区 都立大学駅 徒歩2分にある鍼灸院Lucidusの院長山内です。

     

    私が所属している目黒区鍼灸師会でイベントが開催されます。

     

     

    「めぐろ子育て交流ひろば0123」

    2019年2月18日(月)10:40~11:00

    “コロコロはり教室”の短縮版

    お申し込みは不要です。

    ご参加お待ちしております(^^)/

    https://www.facebook.com/meguro0123

     

     

     

    また、3月には

    「第25回コロコロはり教室in中央町社会教育館」

    2019年3月15日(金)14:00~15:15

    こちらはお申込みが必要です。

    参加費無料!

    ご参加お待ちしております♪

    https://www.kokuchpro.com/event/400c65b07ecd3bcafb269e4bcc322156/

     

     

    「コロコロはり教室」(3月15日)とは、

    ・古来より行われてきた小児はり(子供用のはりにて刺さない施術)のアレンジで、お母様が軽いタッチでお子様の肌を優しくさする方法をお伝えします。

    ・かんのむし・寝付きが悪い・奇声を発する・噛みつき・便秘・夜尿症・喘息・アレルギー・アトピーなどに効果が期待できます。

    ・育児疲れの保護者向けの肩こりや腰痛のツボ、貼る鍼の体験や相談タイム付き。

    後援:目黒区

    協力:セイリン株式会社

    詳しくは 目黒区鍼灸師会をご参照ください。

     

     

    なお、コロコロはり教室のお問い合わせは

    050-3413-8239(りんご鍼灸院)まで。

    ↑当院ではありませんので、ご注意ください。

  • 肩こり・首こり・後頭下筋群

    目黒区 都立大学駅から徒歩2分にある、鍼灸院Lucidusの院長山内です。

     

    先日のNHKの「ためしてガッテン」、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

     

     

    「肩こり」は非常に奥の深い一言です。

     

    日本人は言葉など省略・短くするのが好きな民族なため、

    ・アメリカを「米」

    ・経済団体連合会を「経団連」

    ・東京大学を「東大」

    ・メールアドレスを「メルアド」

    ・超ベリーバッドを「チョベリバ」(死語・・・ですね ^^; )

    ・詳しくを「kwsk」と記載したりなど

    昔から書き言葉・話し言葉ともに省略する傾向があります。また、はっきり言わないのも美徳の一つとされてきました。(現代は少しずつ変わってきていますが、文字を省略することは続いています。)

     

     

    「首」という言葉はあっても、敢えて「肩こり」でまとめる。日本人らしいな、と自分のことを棚に上げてそう思います(笑)

    言語学の領域になりそうなので、この辺でやめておきますが、日本では「肩こり」には「肩」も「首」も入ってくると治療をしていて実感しています。

     

     

    ちなみに、「腰痛」であっても「腰」だけではなく、人によっては「股関節」や「背中」を示す方もいらっしゃいます。

     

     

    なので、今回の「ためしてガッテン」は一般の方にも「首」からくる「肩こり」を知る良いきっかけになったのではないか、と感じています。

     

     

    私はアメリカの豪華客船(乗員乗客で日本人は私一人)で働いていた経験もあるのですが、

    アメリカ人は、stiff shoulder や shoulder stiffness と言ったり、「首のコリや痛み」をneck pain や soar neck と、「肩こり」「首コリ」をしっかり使い分けていました。

    治療する側としては非常にわかりやすく、治療しやすかったので、ありがたかった経験があります。

     

     

    もちろん、当院では患者さんとのコミュニケーションを大切にしていますので、「肩こり」と言われても、場所をしっかり確認してから治療を行っています。(当たり前といえば当たり前ですけどね。)

     

     

    さて、当院でも「後頭下筋群」への背術も行えます。

    番組に出られた東京大学病院の粕谷先生の講義も受けております。

    安心してご連絡ください。

     

     

    ただし、治療ですので、誰でも受けられるわけではなく、「後頭下筋群」が原因と思われる場合においてのみであることは予めお伝えいたします。

     

     

    最後まで読んでくださりありがとうございました。

     

    また来週もNHKのガッテンで鍼灸が取り上げられるそうです。

    しかもSP(スペシャル)。

    是非ご覧ください。

  • 池江璃花子選手、白血病

    昨日のニュースは驚きました。

    池江璃花子選手、白血病

     

     

    本当にこのようなニュースの度に「今の健康は当たり前じゃない」と痛感します。

     

     

    東京オリンピックで金メダルを取ることが有力視されていたトップアスリートだけあって、かなりの心理的ストレスや重圧があったのだろうと想像します。

     

     

    しかしながら、食生活から体調まで細かくすべてを管理されていたオリンピック選手でさえ、このようなことが起こるとは。

     

     

    ゆっくり静養・治療して心身ともに回復することを願ってます。

     

     

    治る病気ですから大丈夫!

     

     

    私も自分自身の生活や健康について見直そうと思います。

     

     

  • 建国記念日 開いています。 2月13日(水) NHK ためしてガッテン

    こんにちは。目黒区の都立大学駅から徒歩2分にある鍼灸院Lucidusの山内です。

     

    本日は建国記念日ですね。

     

    当院は開いておりますので、遠慮なくご連絡・ご相談ください。

     

     

    さて、最近は寒い日や暖かい日が繰り返しています。

     

    そのようなときは、自律神経や体調が崩れやすいので、もしお身体で何か気になる事がありましたら、お早めに対処することをお勧めします。

     

    当院では、難病や難治性疾患の方から、一般的な腰痛・肩こりなど幅広い方々にご利用いただいております。

     

    大変多くの方が効果を実感していただいており、「こんなに楽になるなら、もっと早くから来ればよかった。」と仰っていますので、もし気になる事がありましたら、手遅れになる前にご相談ください。

     

    症状によっては健康保険も扱っておりますので、詳しくはHPもしくは直接お電話にてご相談ください。

     

     

    ちなみに

    2019年2月13日(水)午後7時30分~
    再放送 2019年2月16日(土)午前0時25分~

    は NHK「ためしてガッテン」 「肩こり」特集 

    “新原因”発見! 衝撃の肩・首のこり改善SP(仮)

    で 鍼灸 が取り上げられます。

     

    東京大学の鍼灸部門の粕谷先生が出ますので、ぜひ興味のある方はご覧ください。

     

     

    ※当院は完全予約制ですので、予めご連絡ください。よろしくお願いします。

  • 受領委任制度が始まりました(1月1日より)・1月4日のあさイチ(NHK)

    目黒区都立大学駅から徒歩2分にある鍼灸院Lucidusです。

     

     

    平成31年(2019年)1月1日より制度が変わり、健康保険による鍼灸治療の窓口負担が3割負担となります。

    ※一部組合(保険者)によっては償還払いのケースもあります。

    厚生労働省のHPはこちら

     

     

    ・今までと何が違うのか。

    今まで健康保険による鍼灸治療であっても窓口負担が10割でした。

    被保険者(患者さん)が保険者(市区町村・健康保険組合など)に申請して結果的に3割負担になるという形でした。

    (その手続きが煩雑なので、鍼灸院が患者さんに代わり行っていたところもあります。)

     

    それが制度化され、窓口負担が3割でいいですよ。と厚生労働省が定めたことになります。

     

     

    ・健康保険を導入しない鍼灸院も多いです。

    様々な手続きがあり、煩雑な為、健康保険を導入しない鍼灸院が多いのは事実です。

    しかしながら、患者さんにとっては健康保険を使用することは当然の権利であり、

    経済的なメリットが多分にある為、多少煩雑だろうとその労を厭わず、当院では所定の手続きに従い導入しています。

     

     

    ご希望の方は、遠慮なくご相談ください。

     

     

    1月4日(金)

    あさイチで鍼灸が取り上げられます。

    テーマは「東洋医学で1年を元気に」

    東洋医学、鍼灸に興味をもっていただける、そんな内容である事を願っています。

    あさイチのHPはこちら

  • 【 謹賀新年 】平成31年・2019年

    ~ 謹賀新年 ~

     

    明けましておめでとうございます。

     

    昨年は皆様の格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

     

    本年も皆様のご健康の一助となれるよう、誠心誠意施術・治療をする所存でございますので、

    何卒昨年同様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

     

    皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りいたします。

     

    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

     

     

    平成31年(2019年)元旦

     

    鍼灸院Lucidus

    院長 山内清敬