blog ブログ

鍼灸院ルーシダスのブログでは、定期的にお身体に関する情報を、
院長の知識や経験を織り交ぜながらご紹介します。

  • 秋の食養生法

    朝晩と段々と寒くなり、冬の様相を呈してきていますね。

    秋の過ごし方次第では、冬の体調にもかかわってきますので、ぜひ今のうちから「養生」しましょう!

    養生というのは、日常生活に留意して健康を増進すること・人間の身体の調子を整えること。延いては病気の回復につとめることです。

     

     

    養生には「食事」「運動(体操)」「睡眠」などいろいろなやり方がありますが、やっぱり美味しいものを食べて健康につなげたいですよね。

    それに日本には「医食同源」という言葉も古来よりありますので、食事の大切さはよくご存じのことと思います。

     

     

    ・秋の特徴

    秋という季節は、言葉で表すと「昼夜の温度差の拡大」「寒くなってくる」「乾燥する」ことなどが特徴として挙げられます。

    また、喘息など呼吸器系症状も悪化しやすいのも秋の特徴です。

     

     

    <東洋医学>では

    肺が皮膚や毛と関連し、

    肺と大腸は表裏の関係にあります。

     

    空気中の湿度が少なくなると、口・唇・鼻・のどが乾燥し、便もは渇いて硬くなり、皮膚も乾燥して割れてきます。

    また、肺が乾燥の邪気(燥邪)を受けると、軽度の場合は咳が出たり、さらさらした痰が出たり、粘ちょう性の痰が出たりします。

     

     

     

    そのため、秋(秋の食事)には

    特に

    〇「滋陰潤燥

    〇「辛い食事は少しだけ

    〇「瓜類の食事も少しだけ

    がそれぞれ大切になってきます。

    何となく「乾燥させないでしっかりと湿潤させましょう。」とイメージできると良いです。

    秋にしっかり対応して、冬に備えましょう。

     

     

     

    滋陰潤燥の食事

    <飲膳正要※2>には「秋食麻以潤其燥」※1と書かれています。

    「秋にはゴマを食べて、乾燥に対して潤い与えましょう。」と書かれています。

     

    ※1麻は胡麻(ゴマ)のこと。ゴマには潤いを与える作用があると考えられています。

    ※2飲膳正要:家庭百科全書ともいうべきもので,食物関係記事は一部にすぎないが,記述は具体的で《斉民要術》とともに研究者必見の書。

    日本,朝鮮の食物に与えた影響はひじょうに大きく,江戸時代に和刻本がある。

    《飲膳正要(いんぜんせいよう)》(1330)は,元の文宗に飲膳大医として仕えていた忽思慧が進奉した食養生書で,西域,モンゴル臭の強い名詞があり難解であるが,挿絵の多い便利な本。

     

     

    秋の食養生にはゴマだけでなく、

    飲み物: 水(冷たい水) ・ 淡いお茶(濃くないお茶) ・ 豆乳 ・ 牛乳

    食事:  きくらげ  ゆり  はちみつ  梨  柿  レンコン  チンゲン菜やホウレンソウなどの菜っ葉類  ブドウ  ゴマ

    などが「潤肺清燥養陰」:「乾燥に対して肺に潤いを与え、陰を養う。」つまりは< 潤いを与える >と書かれています。

     

    逆に乾燥した食べ物は避けた方が良いと書いてあります。

    ・炒め物・揚げ物・焼き物

    ・人参・鹿の角など

    は熱性の食べ物なので、肺や胃に熱を与え、陰血を消耗し、喉の痛み口の乾燥など、熱や乾燥の病になりやすくなると記載されています。

     

     

     

     

    〇辛い食べ物は少なくし、酸っぱいものを増やしましょう

    辛い食事をとりすぎると、唇の乾燥口渇喉の痛みなどになりやすくなります。

    レモンなど酸っぱいものを想像すると、唾液が出てきますよね。その理論です。潤いを与える、ということです。

    昔からの本(古典)には、

    ・ネギ ・ ニンニク ・ 生姜 ・ 胡椒 ・ なす などは、少なめにして(食べてはいけないということではありません。)

    ・果物 ・ ブドウ ・ リンゴ ・ ザクロ ・ レモン ・ 柚子 ・ サンザシ ・ スターフルーツ などのような酸味のあるものを食べると良いと記載されています。

    (果物は、旬の食べ物ですよね)

    ※勿論、糖尿病の方などは血糖値などご注意ください。

     

     

     

    瓜類は少なめに

    立秋後、キュウリやスイカなどの瓜類は脾胃の陽気を損傷させるので、少なめにしましょう。

     

     

     

    朝食にお粥を取るといい

    おかゆには、脾胃(腸全般)を補い、整える。肺に潤いを与える。などの効能があります。

    おかゆに梨・大根・ゴマ・菊花などの(漢方の)薬にもなる食材と一緒に食事をするとより効果的。

     

     

     

    〇最後に

    夏の暑さにより、身体が消耗するぐらい疲労・虚弱になっていた場合、補いながら潤いを与えることが大切です。

    胃腸の充実を図りましょう。

     

    私も運動したり食事に気を付けたりして健康な状態で治療に臨みたいと思っています。

    健康であれば、やれることってたくさんありますものね。

     

     

     

     

    <参考文献>

    養生食療寶典 陽維傑

    飲膳正要 忽思慧

    法天生意

  • 小寒

    東京都目黒区の都立大学駅から徒歩2分にある

    鍼灸院Lucidus[ルーシダス]です。

    治療院のデスクからお届けしています。

    TVの天気予報で「寒の入り(かんのいり)」・「寒の明け(かんのあけ)」と言った言葉を聞いたことはありませんか?

    「寒の入り(かんのいり)」は

    今年は1月5日です。

     

    この言葉、「二十四節気」が由来です。

    「二十四節気」は太陰暦を使用していた時代に季節を表すために考え出されました。

    一年間を24等分して、「その区切り」と「区切られた区間」に名称を付けました。

     

     

    現在は太陽暦を使用していますが、太陽暦になってからも季節の節目として現在も使用されています。

    春分・秋分・夏至・冬至などは 一般的ですよね。

     

     

    〇「小寒」→「大寒」→「立春」、「寒中見舞い」

    二十四節気の

    「小寒」の最初の日から、「大寒」の最後の日までを「寒」・「寒中」・「寒のうち」といい、「寒中見舞い」はこの間にします。

    寒が始まる最初の日を「小寒」

    寒が終わった翌日(立春)を「寒の明け」

    といいます。

     

    2018年の今年は、小寒が1月5日、立春は2月4日です。

    つまり、今年は1月5日~2月3日までが「寒」・「寒中」・「寒のうち」です。

    一年のうちで最も寒さが厳しい時期と言われています。

     

    寒中見舞いの他に、「寒中水泳」や「寒稽古」を行うのもこの時期です。

    一年間の最も寒さが厳しい時に、寒さに耐えながら水泳をしたり、稽古をすることで、精神の鍛練をする目的があるそうです。

     

     

    〇東洋医学で寒

    東洋医学では病の原因に

    内因・外因・不内外因と大きく三つに分けます。

    その中の「外因」というのは「外邪」とも言われており、

    「風・暑・湿・燥・寒・火」 がそれぞれあります。

    例えば、風邪=カゼなんて今でも言われていますよね。これも東洋医学の思想がまだ残っている証拠です。

     

    その中の、「寒・寒邪」が身体の中に入ってしまうと、

    ・冷え、人によっては寒気から、鼻水が出たり、発熱に至ることもあります。

    ここら辺は度々以前の記事にも出ている「傷寒論」で、詳しく記載されています。

    傷寒論では、こういう時に、どういう漢方薬を飲めばいいかなども記載されています。

     

     

    〇ご家庭で寒邪に対してどうするか

    ご家庭では、寒邪には基本温めて、邪気を払うことが大事なので、

    身体を冷やさないようにすることが大切です。

    基本は日常生活が大切です。

    靴下や首回り、腹巻などをしましょう。

    ・お食事も、冷やさないようにする。夏の食べ物は、基本お身体を冷やします。

    冬の食べ物は基本お身体を温めます。

    普段から寒邪が入ってこないようにすることが大切です。

    ・できれば、夏の間から、運動をして衛気(免疫力)を充実させたり、発汗することで熱を身体の中にこもらせない事も風邪の予防には実は大事と、「黄帝内経素問」には記載されています。

    いわゆる養生法です。

    ・これにプラスして、日常的にお灸を使うと更に効果的ですね。

     

    〇寒気(さむけ)に対する、灸のツボ

    首周囲の「大椎」や手にある「合谷」の灸は、発熱まで行ってない、悪寒の初期には効果的でしょう。

    経穴(ツボ)も処方ですので、人それぞれで、シッカリとお身体の具合を見ないと何とも言えません。

    もし、ご自身のお身体で気になるようでしたら、一度お問い合わせください。

     

    お問い合わせは、こちらから遠慮なくご連絡ください。  ※営業メール・営業電話は不要です。

    ===============================================================

    東京都 目黒区 都立大学駅 徒歩2分

    東洋医学・西洋医学両面からの鍼灸治療院

    鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

    ※完全予約制

    院長  山内 清敬

    ・はり師・きゅう師(国家資格)

    ・臨床鍼灸学 修士号 所持

    ・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

    ・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

    千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 外来担当鍼灸師

    お問い合わせは、こちら

    ==============================================================

    ※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

    ※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。

  • インフルエンザ情報

    インフルエンザ情報

    東京都 目黒区 都立大学駅から徒歩2分にある

    鍼灸院Lucidus[ルーシダス]の院長山内です。

     

    12月に入りました!もう年末!1年があっという間ですね。

    体調管理はどうですか?しっかりされていますか?

     

     

    さて最近、インフルエンザの注意報が出たとか出ない。といった情報が入ってきたので、調べてみました。

    東京都感染症情報センターの情報よると、

    インフルエンザは11月の後半から小学校で増えています。

    入院患者数も同様に爆発的に増えています。(12月4日調べ)

     

    NIID 国立感染症研究所では、インフルエンザの流行レベルが示されています。

    新潟県ではインフルエンザ警報

    宮城・愛媛・熊本・長崎の各県で注意報が発令されています。(12月4日調べ)

     

    先ほどの東京都の感染症情報センターの「インフルエンザの流行マップ」を見ると世田谷区と江東区で色が変わっていました。

    その地域・およびその周辺の方々は注意が必要ですね。

    目黒区は世田谷区の隣ですので、気を付けないといけません。

    風邪やインフルエンザの予防の基本は、「手洗い・マスク着用・うがい」です。

     

    インフルエンザ対策

    インフルエンザ対策

    あとは、日頃から適度な休息(睡眠)適度な食事適度な運動・暖かい格好で免疫力を上げていく・下げないようにするのが肝要です。

    鍼灸治療も定期的に受けることで免疫力が上がるという報告があるので、もしかしたらインフルエンザの予防に間接的に有効かもしれません。

     

    はり治療

     

     

    私は様々な患者さんに会うので、千葉大で10月後半にインフルエンザの予防接種を受けました。

    医療職ですので、免疫力が弱くなっている様々な方に会うため、罹患していないことが大切になってきます。

    ウィルスをもらわないだけでなく、広げない

    それが大切です。マスク着用もその意味合いもあります。

     

     

    今現在もインフルエンザワクチンが少ない。と言われていますが、

    本日のニュースを見ると、

    インフルエンザワクチン、今月中旬に供給安定する見込み

    と報道されています。あと1-2週間で安定供給できそうですね。

    高齢者や疾患をお持ちの方は特に重症化しやすいので、入念な予防が必要かもしれません。

     

     

     

    もう12月です。あと幾日で新年です。

    皆様にとって良い新年が迎えられますように!

    私も良い新年が迎えられますよう今後も駆け抜けて頑張ってまいります!

     

     

    お問い合わせは、こちらから遠慮なくご連絡ください。  ※営業メール・営業電話は不要です。

    ===============================================================

    東京都 目黒区 都立大学駅 徒歩2分

    東洋医学・西洋医学両面からの鍼灸治療院

    鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

    ※完全予約制

    院長  山内 清敬

    ・はり師・きゅう師(国家資格)

    ・臨床鍼灸学 修士号 所持

    ・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

    ・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

    千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 外来担当鍼灸師

    お問い合わせは、こちら

    ==============================================================

    ※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

    ※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。

  • <風邪の際の漢方選び:太陽病を中心に>9月、風邪・体調の悪化にはご注意

    都立大学駅から徒歩2分の鍼灸院Lucidus[ルーシダス]です。

     

    もう巷ではハロウィンのイベントが始まろうとしてますね。

    また最近は涼しくなりましたね。早くも秋らしさを感じます。

    ただ個人的には夏の暑さがまだ何回かあって、秋→冬へと変わっていくのではないかと思っていますが、

    ここ連日このような涼しい日が続いていると、体調管理が大変ですね。(;^_^A

     

     

    この天気になれないと風邪をひいて発熱する方もいるのではないかと思うのですが、

    もし発熱した場合、漢方は何を飲んだ方が良いのか。ご存知でしょうか?

     

     

    「風邪には葛根湯」というのが一般的なイメージですが、葛根湯よりもいい漢方薬があったりします。また風邪の時に使うツボもあります。

    今回はその解説を簡単にしようと思います。

     

    以下が今回の内容です。

    〇傷寒雑病論=傷寒論+金匱要略

    〇外感病

    〇傷寒論=六経弁証

    〇その病は今どこ?

    〇太陽病

    〇桂枝湯・麻黄湯の使い分け

    〇葛根湯・葛根湯加川芎辛夷

    〇太陽病変の関連方剤(小青竜湯・五苓散・桃核承気湯)

    〇風熱証

     

     

     

    〇傷寒雑病論=傷寒論+金匱要略

    まず、漢方薬・鍼灸の東洋医学の世界では、「傷寒論」・「金匱要略」という二大書物・古典が存在します。

    合わせて「傷寒雑病論」と言ったりします。

    その中の外感病を扱っている「傷寒論」から、今回は解説していきます。

     

     

    〇外感病

    外感病?なんのこっちゃ?と思うかもしれませんが、東洋医学では「風・暑・湿・燥・寒・火・熱」などといったものを邪気として捉えます。

    ・かぜ=風邪:ふうじゃ

    というように、暑邪、湿邪、燥邪、寒邪、火邪、熱邪というのが存在します。

     

    もちろん、適当なものならば邪気とはなりませんが、これらが極度に行き過ぎてしまうと、邪気が身体の中に入ってしまい悪さをします。

    もしくはそれほど旺盛な邪気ではなくても、お身体の抵抗力(衛気:東洋医学ではこのように言います)が弱いと侵入してくると考えています。

     

     

    〇傷寒論=六経弁証

    傷寒論では六経弁証を取り扱っています。

    太陽病・少陽病・陽明病・太陰病・厥陰病・少陰病という六つの弁証があります。

    外因である病がその順番で進行すると考えています。もちろん、直中(飛び越えること)もあります。

    (東洋医学をかじったことある方は、・・・太陰・少陰・厥陰の順番じゃないの?という初学者もいらっしゃるかもしれませんが、説明が長くなるので省略しますが、当記事では上記の順で説明します。)

     

     

    〇では、その病が今どこにいるのか?

    それは問診・脈・舌・腹をそれぞれ診て決定していきます。

     

     

    〇太陽病

    今回は風邪の時の漢方ですので、太陽病で話を進めていきます。

    外感(風・寒・熱など)の邪気が、身体の表面(太陽)に入り、衛気と戦っていることにより出てくる諸症状のこと。

    太陽病の条文:「太陽の病たる、脈浮、頭項強痛して悪寒す」

    「悪寒、発熱、浮脈、(鼻閉・鼻汁)」の時、太陽病の「風寒表証」となります。

    このとき使うメインの漢方は、「麻黄湯」もしくは「桂枝湯」です。

     

     

    〇麻黄湯と桂枝湯の使い分け

    麻黄湯:風寒表実証

    桂枝湯:風寒表虚証

     

    なので、「虚」か「実」を見極めます。

    一般的には「汗」を問うて鑑別します。

    無汗・有汗か。

    発熱・悪寒があるときに、汗が出ているか・いないかを、聞いたり・見たりします。

     

    つまり、太陽病(発熱・悪寒・脈浮)+無汗=風寒表実証=麻黄湯となります。

    太陽病(発熱・悪寒・脈浮)+有汗=風寒表虚証=桂枝湯です。

     

    汗を見る・聞くのは東洋医学では、当たり前で大事なことです。

     

     

    〇葛根湯・葛根湯加川芎辛夷

    これも「風寒表実証」で用いますが、傷寒論によると「兼症」で用いることが記載されています。

    つまり、「発熱、悪寒、浮脈」に「頭項強痛」・「鼻閉・鼻汁」があるか無いのか。

     

    悪寒・発熱・脈浮+「頭痛・頭項強痛」→葛根湯

    悪寒・発熱・脈浮+「鼻汁・鼻閉」→葛根湯加川芎辛夷

    を用います。

     

    ちなみに、桂枝湯+麻黄・葛根=葛根湯 で、

    葛根湯+川芎+辛夷=葛根湯加川芎辛夷 です。

     

     

    〇太陽病変の関連方剤(小青竜湯・五苓散・桃核承気湯)

    外感(風・寒・熱)の邪気

    小青竜湯:上記の邪気により水飲(痰飲)が生じ、それがどこか臓腑へ波及し、「乾嘔・咳嗽・小便不利」が生じた場合

    五苓散:上記の邪気が太陽経から膀胱に波及し、水(痰)が生じ「浮腫」などが生じた場合。

    桃核承気湯:上記の邪気(特に熱邪)と血が小腸で結びついた場合。「便秘」などの症状+瘀血がある。

     

     

    〇風熱証

    ・銀翹散

    今までは、風寒証が基本でしたが、これは風熱証です。

    風寒証よりも発熱が強い場合に用います。発熱が悪寒よりも強い場合です。

    ちなみに、麻杏甘石湯、清上防風湯も風熱証で用いますが、銀翹散の方が強い発熱(ウィルス性の発熱)の時に用います。

     

     

     

    今回は以上です。

    秋口のような気温ですので、くれぐれも漢方を飲まないようなお身体づくりを目指してください。

    予防が一番大切です。

     

     

    (編集後記)

    我々からすると当たり前のことなのですが、まとめて記事にすると時間がかかって結構大変だったので、しないかもしれませんが、受けがよければ、傷寒論の少陽病~少陰病までまた書きます。(;^_^A

     

     

    本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

    お問い合わせは、こちらから遠慮なくご連絡ください。

    ===============================================================

    東京都 目黒区 都立大学駅 徒歩2分

    東洋医学・西洋医学両面からの鍼灸治療院

    鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

    ※完全予約制

    院長  山内 清敬

    ・はり師・きゅう師(国家資格)

    ・臨床鍼灸学 修士号

    ・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

    ・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

    千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床鍼灸師

    お問い合わせは、こちら

    ==============================================================

    ※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

    ※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。