blog ブログ

鍼灸院ルーシダスのブログでは、定期的にお身体に関する情報を、
院長の知識や経験を織り交ぜながらご紹介します。

  • 青黛(せいたい)、潰瘍性大腸炎

    東京都目黒区 都立大学駅から徒歩2分にある

    鍼灸院Lucidus[ルーシダス]の山内です。

     

    こんなニュースが出てました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171125-00000507-fnn-soci

     

     

    このニュースもそのうち消えるかもしれないので、簡単にまとめます。

     

    潰瘍性大腸炎に対して、青黛(リュウキュウアイなどの植物から抽出)と呼ばれる生薬が有効であったと科学的に実証した。

    今回、慶応大学など約30の施設の共同グループが臨床試験を行った結果であり、アメリカの権威ある雑誌に掲載された。

    中国由来の生薬が、科学的方法論で有効性が証明されたのは異例。

    この研究の代表者である金井隆典教授は「生薬には副作用があるため、決して自己判断の使用はせず、医師と相談してから使用してほしい」と述べている。

    以上。

     

     

     

    まず、この文章はどこの論文由来なのか調べてみました。

    潰瘍性大腸炎=Ulcerative colitis

    青黛の学術表記=Indigo naturalis

    から検索してみると、

     

    Published online: November 22, 2017 付けで出されていたのが、

     

    http://www.gastrojournal.org/article/S0016-5085(17)36382-5/fulltext

     

    なので、おそらくこの雑誌Gastoroenterologyの上記の記事にまず間違いないだろうと思います。

    共同執筆者であるTakanori Kanaiの記載もあるので。

     

    間違っていたら、修正します。

     

     

     

    記事にした理由ですが、

    以前、千葉大の和漢のカンファレンスで、潰瘍性大腸炎の患者さんに対して「青黛」と言っていたのを思い出したためです。

    私は青黛というのが、何なのか当時知りませんでしたが、確かに潰瘍性大腸炎の患者さんのその後の経過は良くなっていました。

    それが強く印象に残っていたので、この記事を見たとき、なるほど。と思った次第です。

    潰瘍性大腸炎は癌化するので、注意はもちろん必要ですし難病です。

     

     

     

    論文のAbstractだけが見れるので(まだ一般的には全文が見れません)、それだけを読むと、

    ランダマイズ化(無作為化)プラセボコントロール試験で、UC(潰瘍性大腸炎)に確かに効果的な臨床反応があったようです。

    しかし、肺動脈性高血圧症を含む副作用の可能性があるため、青黛はまだ使用すべきでない。と、結論付けています。

     

     

     

    ここからは勝手な私の解釈ですが、

    ・効果はあったが、使い方によっては副作用が出る。

    ・まだ有効的な使い方がわかってないから、まだ使うべきでない。ということでしょうか。

     

    今後の研究で使い方もわかっていくでしょうし、その生薬から取り出した成分から新薬が生まれそうな気がします。

     

    漢方や鍼灸は科学的でないからダメ。という人々が相対的に多いのは理解していますが、まだ科学が自然に追いついていない。

    そもそも科学は、自然界から学んだ結果できた学門であることに気付いてほしいと思います。

    欧米では漢方(生薬含む)などの自然由来の治癒力についての研究が非常に盛んです。鍼灸の研究も含めて。

    日本はかなり遅れている現状です。

    日本はその歴史があるにもかかわらず、うまく使えていません。

    これを機に多くの学術機関で東洋医学系の研究が盛んになって、一般の方々の意識が少しでも変わってくれたらと思います。

     

     

     

     

    お問い合わせは、こちらから遠慮なくご連絡ください。  ※営業メールは不要です。

    ===============================================================

    東京都 目黒区 都立大学駅 徒歩2分

    東洋医学・西洋医学両面からの鍼灸治療院

    鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

    ※完全予約制

    院長  山内 清敬

    ・はり師・きゅう師(国家資格)

    ・臨床鍼灸学 修士号 所持

    ・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

    ・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

    千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 外来担当鍼灸師

    お問い合わせは、こちら

    ==============================================================

    ※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

    ※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。

     

  • 色々な方からご連絡をいただきました。感謝です。

    目黒区都立大学駅から徒歩2分にある

    鍼灸院Lucidus(鍼灸院ルーシダス)の山内です。

     

     

    今日の午前中はお天気で暑かったですね。今も蒸し暑いですが。

    夕方から大雨のようです。

    湿気の多い日は嫌ですよね。

     

     

     

    そんな一日かと思いきや、本日は朝から凄く嬉しい連絡が複数届きました!!

     

    ①長年患っていた腰痛が施術を受けて良くなった!と感動のお電話を頂きました。

    ②今朝、豪華客船で鍼灸師として働いていた時のお客さん(スペインの方)からメールが来て、あなたの鍼灸の施術が忘れられないから今度日本(東京)に来る。というメールでした。具体的な日にちは言えませんが、かなり近いうちにです。

    ③難治性疾患(難病)の患者さんから、今日の施術はとても良かった。楽になった。と仰っていただいたこと。

    ④千葉大学の入院患者さん(入院患者さんにも鍼灸をしています。)が鍼灸を気に入ってくださって、外来の予約をしたという報告を受けました。

    ⑤以前した患者さんのご紹介で新規の患者さんのご予約を頂いたこと。

     

     

     

     

    重なるときは重なるもんですね。

    でも、こういう時こそ気を引き締めて、慢心にならず、こういう日がもっと沢山生まれるように、

    一日一日、一鍼一鍼しっかり誠実に頑張っていこうと思います。

     

     

     

     

     

     

    本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

    お問い合わせは、こちらから遠慮なくご連絡ください。

    ===============================================================

    目黒区 都立大学駅 徒歩2分 東洋医学の鍼灸治療院

    鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

    ※完全予約制

    院長  山内 清敬

    ・はり師・きゅう師(国家資格)

    ・臨床鍼灸学 修士号

    ・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

    ・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

    千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床鍼灸師

    お問い合わせは、こちら

    ==============================================================

    ※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

    ※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。

  • 勉強会(@東大医学部研究棟、耳鳴り・耳鼻咽喉科領域)

    こんにちは

    目黒区都立大学駅から徒歩2分にある

    鍼灸院Lucidus-鍼灸院ルーシダス-の院長山内です。

     

     

    昨日4月10日(日)は東京大学で勉強会でした。

    所属している(公社)全日本鍼灸学会の関東支部の勉強会です。

    一般の皆さんには、鍼灸師ってどんな勉強しているの?と聞かれます。

    確かに不思議に思われますが、いたって普通に西洋医学の勉強もしています。

     

     

    参考に、以下に昨日の資料の一部をお見せします。

    講師の先生方も

    東京大学医学部付属病院耳鼻咽喉科の医師の先生や、埼玉医科大の医師の先生など、真面目な勉強会です。

     

    今回だけではなく、過去のもそうです。(一応)

     

    東京大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 二藤隆春先生

     

    埼玉医科大学 耳鼻咽喉科・神経耳鼻部門 伊藤彰紀先生

     

    茨城大学 真柳誠先生

     

     

    どうでしょうか?

    意外ですか??

     

     

    鍼灸って、東洋医学なので、東洋医学のことばかり勉強しているオカルト集団かと思われるかもしれません。

     

    確かにそのような団体も存在しますが、鍼灸師は国家資格です。

    資格を得るには、国家試験を通過する必要があります。

    そこでは西洋医学・現代医学の知識を問われるのが非常に多いです。

     

    なぜなら、まずは西洋医学の病態把握をしないと、患者さんを診るのは危険ですから。

    解剖学や生理学なども勿論あります。

     

     

    この学会(学術団体)は、西洋医学(科学)的に鍼灸を理解し、その上で治療法などの研究や、症例報告をしている学会です。

    初めて講義された医師の先生方は、「鍼灸ってこんな科学的だったんですね。」って、よく最後に仰っています。

     

     

    今回は、東大にも埼玉医科大にも病院内に鍼灸部門があるので、医師の先生方は理解しておられるので、そんなことを言いませんでしたが、そういうのがない病院から講師で招かれた医師の方々は驚かれます。

     

     

    確かに最近の医師の先生方はほとんど鍼灸を知りません。

    イメージで鍼灸は・・・と話される先生方が多いのも事実ですが、このように科学的にアプローチや解明する学会があって、初めて鍼灸に理解を示してくれる先生が多いのも事実です。

    この学会は、そのうえでの東洋医学。

    というスタンスなので、この学会は医師の方々からは結構理解されています。(と私は思ってます)

     

     

    今回もテーマが「耳鳴り・嚥下・摂食障害」耳鼻咽喉科でしたが、一般の方々はこういうのに鍼灸が効くの?っていうレベルでしょうね。

    耳鳴りですが、難聴がなく器質的な疾患が無ければ、効果が出やすい(治りやすい)です。

     

     

    長々となってしまいました。

    今日はこの辺で。

     

     

    本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

    お問い合わせは、こちらから遠慮なくご連絡ください。

    ===============================================================

    目黒区 都立大学駅 徒歩2分 東洋医学の鍼灸治療院

    鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

    ※完全予約制

    院長  山内 清敬

    ・はり師・きゅう師(国家資格)

    ・臨床鍼灸学 修士号

    ・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

    ・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

    千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床鍼灸師

    お問い合わせは、こちら

    ==============================================================

    ※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

    ※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。

  • 腰痛で来院された患者さんが実は難治性疾患だった!

    目黒区都立大学駅から徒歩2分にある

    鍼灸院Lucidusの院長山内です。

     

    最近、難治性疾患の方が数多くご来院されます。

     

    先日、腰痛を訴えた患者さんが新たにご来院されましたが、

    徒手検査や脈診・バイタルで異常所見が認められたので、

    「今日治療してほしくてご来院されたとは思いますが、何か良くないものがある可能性があるので、今日は治療しません。

    今すぐに病院に行ってMRIなど精密検査を受けなさい

    とお伝えしたところ、後日その方々からメールや電話でご報告を頂き、

     

    今すぐに手術が必要だった腰椎ヘルニア

    大腸癌が見つかった

    骨肉腫(骨の癌)が見つかった

     

    とそれぞれ、驚くような疾患であったことがわかりました。

     

     

    どの方からも、「早く見つかって良かった。先生のところに受診してよかった。」と感謝の言葉をいただきました。

     

    確かに早く見つかって良かった。ホッとした。という気持ちもありましたが、

    危険な状態だと感じ病院に紹介するしかない自分の限界と、果たして見つかって良かったのだろうか、そのまま治療したほうが良かったのではないか。とここ数日悩んでいました。

    自分ができる最大限のアドバイスはしましたが、治療家なので治したいと思っています。

     

     

    このアドバイス・選択肢で果たして正解だったのか、悩んでいたので、

    知り合いの鍼灸の先生にそのことをご相談しました。

    それは凄い!最高の先生だよ!

    普通の治療家の先生はそこまで診ないし、来た患者さんを治療せずに病院に行かせるなんてことは、病気もわかっていないといけないし、経営のことを考えたらできない。

    また、「東洋医学の世界では、未病治と言うように、病気になってから診るのではなく、予防・病気になっていない状況で治すのが最高の医師だと2000年以上前の古典に書かれている。それを実践したね!」と言われました。

     

     

    本当の未病治は、病気になる前の方を治すことを指しているので、それは少し違う。

    とか、突っ込める間柄なので、他愛のない会話が出来て私の悩みは少し楽になりました。

     

     

     

    確かに発見が遅くなって、最善の治療ができないというのは患者さんにとって不利益。そうなって欲しくはありません。

    私の根本には、その方にとって一番早く治る治療法を提供したいので、それが鍼灸であれば私は頑張ります。

    そうでない場合、どの治療法がいいのか個々人にお伝えしています。

    これら危険な疾患でも鍼灸師は分かるんだ。ということを世間の方々が分かっていただければ、鍼灸師の地位のupにつながる。

     

    改めて間違ってなかった。と思い直しました。

     

     

    普通の肩こりや腰痛で来られる患者さんも多数いらっしゃいますので、こんな病気で行っていいのかしらとか思わないでくださいね(;^_^A

     

     

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    お問い合わせは、こちらからご連絡ください。

    ===============================================================

    目黒区 都立大学駅 徒歩2分 東洋医学の鍼灸治療院

    鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

    ※完全予約制

    院長  山内 清敬

    ・はり師・きゅう師(国家資格)

    ・臨床鍼灸学 修士号

    ・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

    ・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

    千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床鍼灸師

    お問い合わせは、こちら

    ==============================================================

    ※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

    ※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。