blog ブログ

鍼灸院ルーシダスのブログでは、定期的にお身体に関する情報を、
院長の知識や経験を織り交ぜながらご紹介します。

  • 学会発表を行いました。日本東洋医学会@京王プラザホテル

    【 学会参加 京王プラザホテル 】

    が開催され、当院の院長(鍼灸師)が参加及び発表を行いました。
     
    山内院長は、
    6月29日(土)13:15~14:15に、千葉大学医学部5~6年生及び研修医を対象とした鍼灸実習のアンケート調査を報告しました。
     
    報告できるようにアンケート用紙を修正し、昨年約1年かけて行って来た講義実習をまとめました。
    実習前後(n=132)で、「思う・非常にそう思う」と答えた割合が、
    「鍼灸に対する興味」(83.3% → 97.7%)
    「鍼灸が科学的」(25.8% → 77.3%)
    「鍼灸の効能効果」(61% → 97.7%)
    「将来鍼灸を取り入れたい・鍼灸師と連携したい」(47.7% → 93.9%)
    へと示しました。
     
    鍼灸に対する興味は実習前より高いが、詳細は分からないため、どちらとも言えないと回答した割合が実習前は多かった。
    しかし、講義実習後は全般的に鍼灸に対して好意的な回答となった。
     
    鍼灸の作用機序の医学的な根拠(Evidence)を紹介すること、実際に(衛生的に)鍼灸に触り・体験する、この2点が医療と鍼灸の障壁をなくす一要因となりうると考えられた調査となりました。
     
    鍼灸を正しく伝えれば、医師(医学生)であっても伝わり素直に認めてくれるものだと実感し、この活動が今すぐに鍼灸の啓蒙に直結するものではないですが、10年後20年後に活きる活動になれればと思い、今後も精進して参ります。
     
    先月に続き、今月も臨時で休診を取らせて頂きまして誠にありがとうございました。
    私自分の発表だけでなく、学会では最新の内容が発表され毎回勉強になります。
    今後も自分自身の出来ることを一歩一歩積み重ね、日々の診療に活かし、皆様のお役に立てるよう精進して参ります。
     
    最後に、この度の発表でご指導賜りました千葉大学の先生方、ご相談させていただきました関係者の皆様に感謝を申し上げます。
    山内
  • 学会で発表しました

    【 学会参加 @名古屋国際会議場 】

     

    令和元年(2019年)5月10日(金)~12日(日)に全日本鍼灸学会学術大会愛知大会@名古屋国際会議場(愛知県)が開催されました。

     

     

    当院の院長(鍼灸師)が参加及び発表を行いました。

     

     山内院長は、5月11日(土)15:36~15:48に、HANS(子宮頸がんワクチン関連神経免疫異常症候群)に伴う倦怠感や疲労感、脱力感などに対して鍼灸治療(東洋医学的な治療)を行い、QOL(SF-36v2)の指標を用いて客観的に見て効果を示したという、難病及び貴重な症例を発表しました。

     

     子宮頸がんワクチン関連神経免疫異常症候群(HANS)は、若年性線維筋痛症様症状やナルコレプシー様症状、自律神経障害、種々の神経症状など、多彩な症状が層として重なる疾患と言われています。

     

     本症例についても様々な西洋医学的な治療がされてきましたが、症状改善には繋がらず、鍼灸を頼ってこられた患者さんです。

      

     この疾患は、治療法がまだ確定していませんが、鍼灸(東洋医学的治療)が症状の改善へ導く可能性を示唆した症例です。

     

     

     

    毎年、全日本鍼灸学会には参加していますが、参加することで様々な新しい知見を見聞きし初診を思い返します。

     

     またこの度久しぶりに発表をしましたが、発表を行うことが自分への勉強に繋がり、また将来の患者さんや現在来院されている患者さんへの治療へ還元できると感じています。

     

     さらに良い成果は積極的に対外発信することで鍼灸業界の底上げにも繋がると思い、発表致しました。

     

     

     

    この度は、臨時で休診を取らせて頂きまして誠にありがとうございました。

     今後も自分自身の出来ることを一歩一歩積み重ね、日々の診療に活かし、皆様のお役に立てるよう精進して参ります。

     

     

     最後に、この度の発表でご指導賜りました千葉大学の先生方に感謝申し上げます。

     

  • コロコロはり教室

    目黒区 都立大学駅 徒歩2分にある鍼灸院Lucidusの院長山内です。

     

    私が所属している目黒区鍼灸師会でイベントが開催されます。

     

     

    「めぐろ子育て交流ひろば0123」

    2019年2月18日(月)10:40~11:00

    “コロコロはり教室”の短縮版

    お申し込みは不要です。

    ご参加お待ちしております(^^)/

    https://www.facebook.com/meguro0123

     

     

     

    また、3月には

    「第25回コロコロはり教室in中央町社会教育館」

    2019年3月15日(金)14:00~15:15

    こちらはお申込みが必要です。

    参加費無料!

    ご参加お待ちしております♪

    https://www.kokuchpro.com/event/400c65b07ecd3bcafb269e4bcc322156/

     

     

    「コロコロはり教室」(3月15日)とは、

    ・古来より行われてきた小児はり(子供用のはりにて刺さない施術)のアレンジで、お母様が軽いタッチでお子様の肌を優しくさする方法をお伝えします。

    ・かんのむし・寝付きが悪い・奇声を発する・噛みつき・便秘・夜尿症・喘息・アレルギー・アトピーなどに効果が期待できます。

    ・育児疲れの保護者向けの肩こりや腰痛のツボ、貼る鍼の体験や相談タイム付き。

    後援:目黒区

    協力:セイリン株式会社

    詳しくは 目黒区鍼灸師会をご参照ください。

     

     

    なお、コロコロはり教室のお問い合わせは

    050-3413-8239(りんご鍼灸院)まで。

    ↑当院ではありませんので、ご注意ください。

  • 受領委任制度が始まりました(1月1日より)・1月4日のあさイチ(NHK)

    目黒区都立大学駅から徒歩2分にある鍼灸院Lucidusです。

     

     

    平成31年(2019年)1月1日より制度が変わり、健康保険による鍼灸治療の窓口負担が3割負担となります。

    ※一部組合(保険者)によっては償還払いのケースもあります。

    厚生労働省のHPはこちら

     

     

    ・今までと何が違うのか。

    今まで健康保険による鍼灸治療であっても窓口負担が10割でした。

    被保険者(患者さん)が保険者(市区町村・健康保険組合など)に申請して結果的に3割負担になるという形でした。

    (その手続きが煩雑なので、鍼灸院が患者さんに代わり行っていたところもあります。)

     

    それが制度化され、窓口負担が3割でいいですよ。と厚生労働省が定めたことになります。

     

     

    ・健康保険を導入しない鍼灸院も多いです。

    様々な手続きがあり、煩雑な為、健康保険を導入しない鍼灸院が多いのは事実です。

    しかしながら、患者さんにとっては健康保険を使用することは当然の権利であり、

    経済的なメリットが多分にある為、多少煩雑だろうとその労を厭わず、当院では所定の手続きに従い導入しています。

     

     

    ご希望の方は、遠慮なくご相談ください。

     

     

    1月4日(金)

    あさイチで鍼灸が取り上げられます。

    テーマは「東洋医学で1年を元気に」

    東洋医学、鍼灸に興味をもっていただける、そんな内容である事を願っています。

    あさイチのHPはこちら

  • 目黒シティラン(2018.11.25)

    20181125第3回目黒シティラン

    【 目黒シティランのケアスタッフとして参加しました 】

     

    第三回 目黒シティラン(2018.11.25)に参加してきました。

    参加した方々へのケア(目黒区鍼灸師会主催)活動です。

     

     

    目黒シティランはこちら

     

     

     

    開業当初より興味のある活動でしたので、参加できたことや実際にランナーに行ないビックリ・喜んでいただけたようで、非常にやりがいのある活動でした。

     

     

    ちなみにこのシティラン、中目黒駅の目黒区総合庁舎を起点に、駒沢通り、目黒通り、自由通り、山手通りなどの主要幹線道路を止めての大都会でのシティランです。

     

     

    凄いランナーだけが参加できるものではなく、小中学生や親子といった初心者でも参加できる、贅沢かつアットホームな大会です。

     

     

     

     

    では我々、鍼灸師がどのようなことを行うったのかというと、

     

    ラン前には「バランスはり®」(商標登録しているようです。)を行い、

    1つか2つのツボでランナーの体軸(バランス)を整え、

     

    ラン後は、ランナーの様々な痛みに対してケアを行いました。

     

     

     

    バランスはり®、私も実際に受けるまでどのようなものか分からなかったのですが、

     

    実際に事前説明会や研究会などで練習をすると、

     

    1カ所か2か所、円皮鍼(パイオネックス®)を貼るだけで、軸(バランス)が取りやすくなります。

     

    そんなバカな。と最初は思っていましたが、結構実感できるぐらい変わり驚きました。

     

     

     

    それをラン前の30分ほどで150名前後に行ないました。(本当に人手が足りないほどの大盛況)

     

     

     

    ラン後は走った後のランナーのケアです。

     

    ラン後は太ももの痛みや膝痛が多かったように感じました。(全体の集計はまだ出てません)

     

    鍼灸の凄い点は「膝痛」なのに「膝にしない」、にもかかわらず効果が実感できる事。

    (膝にしても勿論効果あります。ただもっと効果を実感できるところも沢山あります)

     

     

     

    鍼初めて!という方がほとんどでしたが、皆さんビックリ・効果を感じていました。

     

     

     

    あとは、

    ・「はり」って痛いイメージがあったけど、全然痛くない。

    ・はりって凄いんですね!

    という、よくある意見もいただきました。

     

    まだまだ世間の方々には知られていないんだと実感もしました。

     

    そんな中で、沢山の方々に喜んでいただけて、やりがいがありました。

     

     

     

    我々の仕事は地域の方々の理解あってのもの。

     

    今後も地域の方々に愛されるよう、こういう草の根的に鍼灸を広める啓蒙活動を続けていこうと思います。

     

     

    20181125第3回目黒シティラン

    2018.11.25. 第3回 目黒シティラン

     

     

    p.s.

    巨人軍の原辰徳監督も参加されていて、実際に拝見できたこともイチ野球ファンとして参加して良かったです!

    原監督にあやかって「グーパンチ」をしていますが、どうみても猫パンチになっている(笑)

     

    #目黒シティーラン #生の原辰徳監督にも会えました #バランスはり #目黒区鍼灸師会 #お疲れ様でした #はりきゅう #東京都鍼灸師会