blog ブログ

ストレッチ 原理・原則

2017.06.03

こんにちは

目黒区都立大学駅から徒歩2分にある

鍼灸院Lucidus[ルーシダス]の院長山内です。

 

本日は問い合わせがあった内容で、

【ストレッチをする際の注意点】をご紹介します。

原理原則をお伝えしていますが、非常に大切なことです。

 

 

巷のストレッチの本は、ストレッチ方法が羅列してあって、

何をしたらいいか、どれが自分に合ってるストレッチかわからないまま、とにかく全てされている方がいらっしゃいます。

 

〇ストレッチはやみくもに何でもしていいものではありません。

常識でありながら、抜け落ちているものがあります。

①「あなたの今の痛みの原因が何なのか」をしっかり把握すること。

もしあなたの痛みが筋肉由来の痛みであるならば、ストレッチが非常に有効です。

そして、その筋肉はどの位置にあって、どういう走行をしているのか頭にイメージできるぐらいになる必要があります。

ストレッチと言えども、そのくらい把握していないと、最大限の効果が出ません。

②痛くないストレッチをすること

「イタタタタ・・・」と言いながら、ストレッチをされる方。

またストレッチをすると痛くなる。

という方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

痛みは自律神経と密接に関わってきます。自律神経=交感神経と副交感神経で成り立っています。

交感神経は、痛みがあると活発(医学的用語では「興奮」と言います)になります。

逆に、リラックスされているときは「副交感神経が興奮(活動)」しています。

・交感神経の作用の一つに血管を収縮させる作用があります。

・副交感神経は逆に血管を弛緩(拡張)させます。

〇筋肉の凝りや硬くなっているところは、いろいろな説がありますが、一つに血流が悪くなっていることが確認されています。

つまり、筋肉をほぐすには最低限血流を良くしないといけないのです。

にも関わらず、痛いストレッチを続けてしまうと、どんどん交感神経が高まり、血管は細くなり、筋肉は硬くなっていきます。

良かれと思ってしていることが逆効果になってしまいます。

ですので、ストレッチは「痛くない」「いた気持ちよい」程度のストレッチが非常に効果があります。

 

是非、この2点を踏まえた上で、ストレッチをしてみてください。

結構変わるはずです。

 

もし、効果が無いと感じているときは、それはあなたの痛みの原因が違うのかもしれません。

痛みの原因・筋肉を特定したい場合は、ぜひ当院でチェックしてみてください。

 

 

次回は、ストレッチをさらに効果を高める方法をお伝えします。

お楽しみに!

Don’t miss it!

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

お問い合わせは、こちらから遠慮なくご連絡ください。

===============================================================

目黒区 都立大学駅 徒歩2分 東洋医学・西洋医学両面からの鍼灸治療院

鍼灸院 Lucidus ‐ルーシダス‐

※完全予約制

院長  山内 清敬

・はり師・きゅう師(国家資格)

・臨床鍼灸学 修士号

・全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

・元アメリカ豪華客船 乗船鍼灸師

千葉大学 医学部附属病院 和漢診療科 臨床鍼灸師

お問い合わせは、こちら

==============================================================

※治療中の場合お電話に出れないことや、メール問い合わせの場合返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。

※木曜・日曜は現在休診日とさせていただいておりますが、お問い合わせは24時間・365日受け付けております。遠慮なくお問い合わせください。但し木・日はご返事は翌日以降になる場合もございます。